産業看護師の役割

産業看護師とは一般企業で働く看護師のことをさします。
看護師ときけば病院やクリニックと結びつける人がほとんどですが、医務室が置かれている企業もあり、そこでシゴトをしている人もいます。
シゴトの中身や役割は働く会社によって異なりますが、従業員の健康を守り、管理することはどの企業でも行うシゴトと思ってちょーだい。
全国での看護師年収は平均すると、437万円くらいです。
しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員勤務のため、年収は平均して593万円ほどになります。
公務員看護師は給料が上がる率も民間病院よりも高く、福利厚生の面でも充実しています。
準看護師だと、看護師にくらべて、平均年収が70万円程度低くなります。
看護士の求人は幾らでもありますが、願望通りの条件の求人が存在するとは限りません。

重要な役割を担う

重要な役割を担う

看護師資格の保有者で就職できればいいと思っている方は少数でしょう。
なるべく給料が高くて、職場環境が良く、夜勤の必要がない勤務先に就職したいと思う方が多いです。
願望通りの病院などに転職するには、しっかり情報を集めることが重要でしょう。
現代は高齢化が進んで、看護師は福祉施設などでもニーズが増してきているのです。
さらに、大きな会社になると看護師が医務室などにもいて、健康診断や健康相談、そして、ストレスなどのメンタルケアをとり行っています。
このようなケースは、社員としてその会社に入社することもあるでしょう。
看護師の資格を得るためには、何通りかの道が考えられます。
看護師免許を取得するには、国家試験受験の必要があるのですが、すぐに受験することは認められません。
受験資格を手にするために看護専門学校(3年間)、看護系の短大(3年間)、看護系の大学のいずれかに通い、看護を学ぶ必要があるのです。
高校入学時に衛生看護科を選ぶと、他の方法よりも早く、国家試験の受験資格を与えられるので、最も早く看護師として、はたらけるようになるでしょう。
ただ、途中で進路変更を考えても変更は困難です。
また、試験をうけるまでには最短5年でいいのですが、試験までの期間が短いために試験勉強や実習が不足して合格が難しいという欠点もあるでしょう。
看護師は、16時間などの当直により長時間の勤務となっているので、シゴト中に仮眠をとることが可能です。
月に8回までと国の指針で定められていますが、それ以上になってしまうことも多いです。
勤めている病院の勤務シフトによっては、たいへん不規則な暮らしになってしまったり、疲れが抜けにくかったりするのも、看護師が長続きしないワケの一部と思われます。
看護師の職場といえば、病院と想像するのがオーソドックスでしょう。
でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は、病院以外にもいっぱいあります。
保健所において保健師と連携し、地域住民の健康上の様々な手助けをするのも看護師の職務です。
それに、福祉施設には医師が常に居るところは少なく、大抵の医療行為を看護師が行ないます。