看護師の人数の不足

国の制度の問題

国の制度の問題

看護師の資格を得るための国家試験は、年に1度開催されます。
看護師の人数の不足が深刻になっているわが国のためには喜ばしいことに、ここ数年の看護師資格試験に合格する確率は90%前後と結構高い水準を保っています。
看護師の資格のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格できる国家試験です。
現代は高齢化が進んで、福祉施設でも看護師のニーズは多くなってきているのです。
さらに、大きな会社になると看護師が医務室などにもいて、健康に関する相談や健康診断、ストレスといった精神面でのケアをとり行っています。
このような時は、この会社の正社員として入社することもあるようです。
看護士だと、求人はたくさんありますが、要望と一致する条件の求人があるとは言えません。
看護師の資格を持っている方でとにかくどこでもいいから就職したいと思っている方は少ないです。
できれば給料が高額で、職場環境が良く、夜勤のないところで働きたいと思っている方が多いでしょう。
要望通りの病院などに転職するには、情報の収拾が重要になります。
産業看護師は健康に働けるように従業員に保健の指導やうつ病防止のメンタルケアも行ないます。
産業看護師の求人というのは、一般に公開されていないので、職業案内所で見つけるのは難しいでしょう。
興味を持った人は看護師専用の転職HPを利用して下さい。
看護士転職ホームページには、産業看護師の求人なども頻繁に載っているでしょう。
看護師の働き先といえば、病院と考えるのが妥当でしょう。
しかし、看護師の資格を使える職場は、病院だけでなくさまざまとあります。
保健所において保健師と連携し、地域の住民のさまざまなヘルスケアをするのも看護師の役割です。
それから、福祉施設には医師が常駐しているところは多くなく、大概の医療行為を看護師が行ないます。
全国の看護師年収は平均437万円程度です。
ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均して593万円くらいになるのです。
公務員看護師は給料の上昇する率も民間病院より高くて、福利厚生の面でも充実しています。
準看護師だと、看護師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。
高校進学の際に衛生看護科に入学すると、他の方法よりも早く、国家試験の受験資格を与えられるので、一番早く、看護師の資格を得る事が出来てるでしょう。
でも、在学中に進路を変更したくなっても変更は困難です。
それに、最低で5年あれば試験を受ける事が出来てますが、期間が短いので試験勉強や実習が不足して簡単には試験に合格できないという面もあるようです。
看護師の夜勤は、16時間などの長い時間の勤務となっていて、勤務中でも仮眠をとれることになっています。
月に8回までと国の指針で定められていますが、現状ではそれを超える場合が多いみたいです。
働いている病院の勤務形態によっては、規則的な生活を送れなくなったり、疲れて体調を崩す人が多いのも、看護師が高い割合で離職していく所以のひとつだと思われます。